横浜市の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

横浜市立大学附属市民総合医療センターの転職看護師の給料・年収と口コミ・評判は?

横浜市立大学附属市民総合医療センター

「横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職したい!」

と思っているあなたは、まずは横浜市立大学附属市民総合医療センターについてもっと詳しい情報を調べましょう。

市民総合医療センターは看護師に人気の病院ですが、あなたの希望条件に合った病院とは限りません。

転職後に後悔しないためにも、自分に合った病院かをチェックする必要があるんです。

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職した看護師の給料・年収や働きやすさの口コミ・評判を徹底的に調べました。

 

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職した看護師の給料・年収と口コミ・評判のまとめ

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職した看護師の給料・年収例

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職した看護師の給料・年収例は20代前半で400~480万円、20代後半で500万円、30代前半で500~550万円です。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの給料と待遇のバランス

横浜市立大学附属市民総合医療センターの看護師の給料は、神奈川県の病院看護師の平均とほぼ同じ~やや高めです。

年間休日数や福利厚生は充実しているものの、残業時間は非常に多いです。

そのため、残業はそこまで気にならない・スキルアップ志向が強い人ならともかく、それ以外の人にとっては、市民総合医療センターの給料と待遇はあまり見合わないかもしれません。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職する看護師のメリット

  • 給料は平均~やや高め
  • 年間休日数が多く、10連休も取得可能
  • スキルアップしやすい環境
  • 福利厚生が充実している

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職する看護師のデメリット

  • 残業時間がとにかく多い
  • ママナースも残業しなければならない

 

市民総合医療センターこんな看護師におすすめ

  • スキルアップできるなら、残業は気にならない
  • 休みをしっかりと確保できれば、残業が多くても我慢できる

 

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職した看護師の給料・年収・ボーナスは?

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職した看護師の給料や年収を年代別に調べました。

横浜市立大学附属市民総合医療センターの看護師の給料・年収・ボーナスと神奈川県の病院看護師の平均との比較もしています。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターに看護師が転職した時の年収・給料と平均との比較

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職した看護師の年代別の年収例はこちらです。

  • 20代前半:400~480万円
  • 20代後半:500万円
  • 30代前半:500~550万円

上記の年収データはあくまでも目安です。

横浜市立大学附属市民総合医療センターの年収は残業時間や夜勤回数によって変わります。

また、看護師免許取得後の経験に応じて、市民総合医療センターに転職後の基本給は変わります。

次に、神奈川県の病院看護師の平均給料・年収を比べてみましょう。

神奈川県の病院看護師の平均給料・年収は看護協会と厚生労働省のデータから算出しました。

<30代前半看護師の年収例>

  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター:500~550万円
  • 神奈川県の病院看護師の平均:487万5164円(給料343,197円)

横浜市立大学附属市民総合医療センターの看護師の年収は、神奈川県の病院看護師の平均とほぼ同じからやや高めになります。

市民総合医療センターでは、最低でも神奈川県の病院看護師の平均以上は稼げると言えるでしょう。

また、横浜市立大学附属市民総合医療センターで実際に働いている看護師さんからは、「年に8,000円ほど昇給する」という口コミがあります。

神奈川県の病院看護師の平均昇給額は4,767円ですので、口コミから考えると、市民総合医療センターは長く勤めれば、どんどん給料・年収が上がっていくと言えます。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの看護師のボーナスと平均との比較

横浜市立大学附属市民総合医療センターの看護師のボーナスは、4.5ヶ月分が年に2回支給されます。

神奈川県の看護師の平均ボーナスと比較してみましょう。

神奈川県の病院看護師の平均給料・年収は看護協会と厚生労働省のデータから算出しました。

<ボーナスの支給実績>

  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター:4.5ヶ月分
  • 大阪府の看護師の平均:3.0ヶ月分

横浜市立大学附属市民総合医療センターの看護師のボーナスは、神奈川県の看護師の平均よりもかなり高いです。

実際に市民総合医療センターで働く看護師からも、ボーナスに関しては満足という口コミが多いです。

 

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職した看護師の口コミ・評判もチェックしておこう!

横浜市立大学附属市民総合医療センターへの転職を考えているなら、働きやすさの口コミ・評判も確認しておきましょう。

横浜市立大学附属市民総合医療センターの看護師の給料・年収は平均以上ですが、働きやすいかどうかも重要なポイントですよね。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの基本情報

横浜市立大学附属市民総合医療センター

所在地

神奈川県横浜市南区浦舟町4-57

最寄り駅

市営地下鉄阪東橋駅徒歩5分

病床数

726床

看護師数

992名

看護体制

7:1看護体制(一般病棟の場合)

看護方式

継続受け持ちペア看護方式

勤務体制

3交代制

年間休日

約125日

診療科

内科・心療内科・神経内科・脳神経内科・腎臓内科・血液内科・呼吸器科・消化器科・胃腸科・循環器科・内分泌科・歯科・矯正歯科・小児歯科・小児科・外科・小児外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・心臓血管外科・呼吸器外科・消化器外科・胸部外科・腹部外科・精神科・神経科・歯科口腔外科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科・耳鼻咽喉科・気管食道科・皮膚科・泌尿器科・眼科・産科・産婦人科・人工透析科・リウマチ科・臨床腫瘍科・乳腺外科・病理診断科(附属病院)・総合診療科・乳腺甲状腺外科・病理診断科(市民総合医療センター)

開設

平成12年1月(前身の十全病院は明治4年開設、昭和27年に横浜市立大学病院に改称)

連絡先

045-261-5656(代表)

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの業務内容の口コミ・評判

横浜市立大学附属市民総合医療センターは三次救急病院ですので、重症度が高い患者が多く、幅広い症例の看護を経験することができます。

平均在院日数は11.8日と短いため、入退院が多く、病棟は常に忙しいです。

看護部ではPNSを取り入れていて、看護技術に自信がない人でも安心して仕事ができる環境を整えていますが、一部の病棟では人手不足から、PNSは名ばかりになってしまっているという口コミもあります。

また、係や委員会の仕事も多く、休みの日でも仕事のために病院に来なければいけないこともあるようです。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの残業や勤務時間の口コミ・評判

横浜市立大学附属市民総合医療センターでは、残業が非常に多いです。

ほとんどの病棟で残業が多く、「残業が少ない」というのは一部の集中治療部門・ユニットのみになります。

2~3時間の残業は当たり前で、月の残業時間が70時間を超えることもあるという口コミも多くあります。

市民総合医療センターは3交替ですが、準夜勤の時も深夜勤の時も残業は1時間程度はあるようです。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの年間休日数や夏休みの口コミ・評判

横浜市立大学附属市民総合医療センターの年間休日数は約125日です。

4週8休+祝日分+夏休み5日です。

夏休みは5日ですが、そこに公休や有給をくっつけて10連休を取ることができます

10連休を利用して、海外旅行に行く看護師さんも多いです。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの有給休暇や休み希望の口コミ・評判

横浜市立大学附属市民総合医療センターの平均有給消化日数は15.1日と多いです。

ただ、病棟によっては有給を消化するのが難しかったり、勝手にシフトの中で使われていることがあり、「有給消化率が高い」という実感を持つ看護師は多くありません。

休み希望はほとんど通るし、希望を出さなくても3連休をつけてくれることもあります。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの教育制度の口コミ・評判

横浜市立大学附属市民総合医療センターでは、教育制度が充実しています。

市民総合医療センターではYCU-N shipというジェネラリスト育成計画があり、レベル別の教育を行っています。

また、静脈確保やCVポート穿刺等の研修・看護部承認制度もあります。

部署ごとの勉強会も開かれていますが、勤務時間外に行われることが多いので、負担に感じることもあります。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターのキャリアアップの口コミ・評判

横浜市立大学附属市民総合医療センターでは、外部研修や学会参加への参加補助制度があります。

さらに、専門・認定看護師、臨床実習指導者・看護教育者、大学院進学を目指す人への支援制度もあり、病院全体でキャリアアップを支援してくれます。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの福利厚生の口コミ・評判

横浜市立大学附属市民総合医療センターは公立大学附属の市民病院ですので、横浜市の公務員に準ずる福利厚生になります。

そのため、非常に充実しています。

寮はきれいなのに、家賃が格安で、独身の看護師からは好評です。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターのママナースの働きやすさの口コミ・評判

横浜市立大学附属市民総合医療センターでは、育児休暇が最長3年取れますし、時短勤務制度も使えます。

また、夜間保育を行っている託児所もありますので、子育て支援は手厚いです。

ただ、時短勤務のママナースでも、定時に帰れるような雰囲気はなく、業務量的にも定時で帰れず、残業を強いられてしまいます。

そのため、いつも保育園のお迎え時間ギリギリになってしまうこともあるようです。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの施設や設備の口コミ・評判

横浜市立大学附属市民総合医療センターは、高度急性期病院で大学病院ですので、最新設備が揃っています。

ただ、建物自体は老朽化が進んでいるとのことです。

物品に関しては十分にそろっていて、節約を気にすることなく、必要な分はしっかり使うことができます。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターの職場の雰囲気の口コミ・評判

横浜市立大学附属市民総合医療センターは726床の大病院ですので、部署によって人間関係は異なります。

看護師の口コミでも、「人間関係は良かった」というものもあれば、「人間関係が最悪」というものもあります。

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターに転職したい!最新の看護師求人情報を入手しよう!

この病院に転職したい看護師さんは、転職サイトを利用すると良いですよ!

転職サイトは横浜市の人気病院に逆指名で求人の有無を問い合わせてくれたり、非公開求人として人気病院の求人をこっそりと取り扱っていることがあります。

そのため、転職サイトを使うと、人気病院への転職に大きく一歩近づくんです!

面接対策や年収交渉・配属交渉もしてくれますので、利用価値はとても大きいです。

転職サイトは完全無料で使えますし、「とりあえず相談だけ」という使い方もできますので、まずは気軽に登録してみましょう。

横浜市の看護師 求人に強い転職サイト

看護師転職サイトを使うと?

  • 人気ランキングに載っている病院に現在求人が出ているか、条件を含め調べてくれる
  • 表に出てこない非公開求人も含めて探してくれる
  • ランキングには無い病院についても、好条件の病院を薦めてくれる

参考コラム<転職サイトを使うメリットと使わない時のデメリット

  • 看護roo!

    看護roo!

    横浜市を初めとした神奈川県や首都圏の看護師求人に特に強いのが、看護roo!。ただ単に良質の求人数が多いだけではなく、各求人の詳細もしっかり調べてくれているので安心です。※対応エリア:首都圏・関西・東海のみ。

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    ナース人材バンクは業界では老舗的存在で、全国各地の幅広い看護師求人を取り扱っています。横浜市内の求人も沢山ありますので、看護roo!と併用してみるのもオススメです。

このページのトップへ戻る