横浜市の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

神奈川県立こども医療センターの転職看護師の給料・年収と口コミ・評判は?

神奈川県立こども医療センター

「神奈川県立こども医療センターに転職しよう!」

と思っている看護師さんは、転職活動を始める前に、まずはもう少し神奈川県立こども医療センターの情報を集めましょう。

神奈川県立こども医療センターは横浜市内の人気病院ですが、あなたにとって良い病院とは限りません。

あなたに合う病院かどうかを確かめるためにも、神奈川県立こども医療センターに転職した看護師の給料・年収と働きやすさの口コミ・評判を見ていきましょう。

 

 

神奈川県立こども医療センターに転職した看護師の給料・年収と口コミ・評判のまとめ

神奈川県立こども医療センターに転職した看護師の給料・年収例

神奈川県立こども医療センターに転職した看護師の給料・年収例は20代前半で430~500万円、20代後半で500万円、30代前半で500~550万円です。

 

神奈川県立こども医療センターの給料と待遇のバランス

神奈川県立こども医療センターの給料は神奈川県の平均よりもやや高めです。

待遇は公務員に準じていてレベルが高いですし、仕事は忙しいものの「小児専門病院」でやりがいを感じる看護師が多いです。

そのため、給料と待遇のバランスは取れているし、給料と待遇・仕事は見合っていると言えるでしょう。

 

神奈川県立こども医療センターに転職する看護師のメリット

  • 給料や年収は平均よりも高い
  • 小児看護を専門にすることができる
  • 年間休日数が多い
  • 福利厚生が充実している

 

神奈川県立こども医療センターに転職する看護師のデメリット

  • 忙しくて残業が多い
  • 有給休暇はあまり使えない
  • ママナースは仕事と育児の両立が難しいこともある

こども医療センターはこんな看護師におすすめ

  • とにかく小児看護を専門にできれば、忙しくても我慢できる
  • 子どもが好きだし、給料も待遇も平均以上の公務員待遇で働きたい

 

 

神奈川県立こども医療センターに転職した看護師の給料・年収・ボーナスは?

神奈川県立こども医療センターに転職した看護師の給料・年収を年代別に調べました。

神奈川県立こども医療センターの看護師の給料・年収・ボーナスと神奈川県の病院看護師の平均との比較もしています。

 

神奈川県立こども医療センターに看護師が転職した時の年収・給料と平均との比較

神奈川県立こども医療センターに転職した看護師の年代別の年収例はこちらです。

  • 20代前半:430~500万円
  • 20代後半:500万円
  • 30代前半:500~550万円

神奈川県立こども医療センターの看護師の年代別の年収は、あくまでも目安です。

神奈川県立こども医療センターでは、経験年数に応じた加算が付きますので、経験年数によって基本給は変わります。

また、残業時間や夜勤回数、住宅手当支給条件に該当するかどうかによっても、給料・年収は変わってきます。

次に、神奈川県立こども医療センターの看護師の給料・年収を神奈川県の病院看護師の平均給料・年収を比べてみましょう。

神奈川県の病院看護師の平均給料・年収・昇給額は看護協会と厚生労働省のデータから算出しました。

<30代前半看護師の年収例>

  • 神奈川県立こども医療センター:500~550万円
  • 神奈川県の病院看護師の平均:487万5164円(給料343,197円)

神奈川県立こども医療センターの看護師の年収は、神奈川県の病院看護師の平均よりもやや高めになります。

昇給もしっかりあり、「看護師10年目で基本給は27万円程度」という口コミがありました。

新卒看護師の基本給は232,000円ですから、毎年4,200円程度は昇給していく計算になります。

給料・年収に関しては、神奈川県立病院機構の病院なので公務員の給与体系に基づいていることもあり、「高くはないけれど、そこまで大きな不満はない」という口コミが多くありました。

年間休日数が多く、福利厚生が充実していることも、「給料は高くないけれど、そこまで大きな不満はない」という口コミに関係しているかもしれません。

 

神奈川県立こども医療センターの看護師のボーナスと平均との比較

神奈川県立こども医療センターの看護師のボーナスは、4.45ヶ月分が年に2回支給されます。

神奈川県立こども医療センターのボーナスと神奈川県の看護師の平均ボーナスと比較してみましょう。

神奈川県の病院看護師の平均給料・年収は看護協会と厚生労働省のデータから算出しました。

<ボーナスの支給実績>

  • 神奈川県立こども医療センター:4.45ヶ月分
  • 神奈川県の看護師の平均:3.0ヶ月分

神奈川県立こども医療センターのボーナスは、神奈川県の看護師の平均よりもかなり多いです。

ボーナスに関しては、「安定している」という口コミがあります。

さすが、公務員待遇と言えるでしょう。

 

 

神奈川県立こども医療センターに転職した看護師の口コミ・評判もチェックしておこう!

神奈川県立こども医療センターに転職した看護師の給料・年収は、神奈川県の病院看護師の平均よりもやや高めです。

看護師が転職する上で、給料や年収と同じくらい働きやすいかどうかも重要ですよね。

神奈川県立こども医療センターの看護師の働きやすさの口コミ・評判を見ていきましょう。

 

神奈川県立こども医療センターの基本情報

神奈川県立こども医療センター

所在地

神奈川県横浜市南区六ツ川 2-138-4

最寄り駅

京浜急行弘明寺駅からバスで約10分

病床数

430床

看護師数

600名

看護体制

7:1看護体制

看護方式

PNS(一部チームナーシング)

勤務体制

2交替・3交替併用

年間休日

約130日

診療科

総合診療科・救急診療科・集中治療科・血液・再生医療科・内分泌代謝科・感染免疫科・遺伝科・輸血科・アレルギー科・神経内科・循環器内科・外科・整形外科・リハビリテーション科・形成外科・脳神経外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻いんこう科・放射線科・歯科・麻酔科・病理診断科・児童思春期精神科・新生児科・内科(母性)・産婦人科

開設

昭和45年

連絡先

045-711-2351(代表)

 

神奈川県立こども医療センターの業務内容の口コミ・評判

神奈川県立こども医療センターは小児専門病院なので、小児看護を専門にすることができます。

「子供が好き」、「小児看護を極めたい」という看護師が多く、「やりがいを感じている」という口コミが多数あります。

ただ、一般的な看護業務のほかに、夏祭りなどの季節の行事の企画・準備・運営などで休みの日でも病院に行かなければならないことがあり、負担に感じることが時々あるようです。

 

神奈川県立こども医療センターの残業や勤務時間の口コミ・評判

神奈川県立こども医療センターの残業時間は、部署・病棟によって異なります

救急やMFICU・NICUは、比較的残業は少なく、定時で帰れることも少なくありません。

それに対し、毎日1~2時間は必ず残業がある病棟もあります。

ロング日勤で残業をすると、終電がなくなってしまって、「自腹でタクシーで帰宅しなければならないこともある」という口コミもありました。

神奈川県立こども医療センターでは、病棟によって2交替か3交替かは異なります。

3交替での準夜勤明け・深夜勤入りはタクシー代が支給されますが、ロング日勤の残業で終電がなくなっても、タクシー代は支給されないようです。

 

神奈川県立こども医療センターの年間休日数や夏休みの口コミ・評判

神奈川県立こども医療センターの年間休日数は約130日です。

4週8休+祝日+年末年始休暇+夏季休暇5日です。

実際に働いている看護師からも「休みは多い」という口コミがあります。

夏休みはまとめて1週間程度は取ることができます。

 

神奈川県立こども医療センターの有給休暇や休み希望の口コミ・評判

神奈川県立こども医療センターの平均有給消化日数は8.6日です。

ただ、有給は好きに使えるわけではなく、師長が勝手にシフトの中でつけたり、病欠の時に使えるくらいになります。

休み希望は月に2日程度出すことができます。

「月に2日くらいなら、希望は通る」という口コミがあるので、ある程度はワークライフバランスを取ることができるでしょう。

 

神奈川県立こども医療センターの教育制度の口コミ・評判

神奈川県立こども医療センターでは、新卒から5年目までは必ず参加しなければならない院内研修があり、しっかりスキルアップしていくことができます。

ただ、休みの日にもレポートを書いたり、勉強会に参加しなければならないことも多く、負担に感じることもあります。

勉強会では残業手当は付かないものの、「意識が高く自己犠牲をいとわない看護師が多いため、それほど問題視されていない」という口コミがありました。

 

神奈川県立こども医療センターのキャリアアップの口コミ・評判

神奈川県立こども医療センターでは、教員・教育担当者養成課程や助産師養成課程、認定看護師・専門看護師の研修課程・大学院進学などを支援する制度があります。

また、一定の経験を積んだ看護師には、KCMC小児看護エキスパートナースコースという院内認定コースがあり、小児看護をより深く学び、キャリアアップすることができます。

 

 

神奈川県立こども医療センターの福利厚生の口コミ・評判

神奈川県立こども医療センターは、公務員に準じた福利厚生があり、「とても充実している」との口コミが多いです。

神奈川県内の施設の優待券や割引券を貰えることが、看護師からは好評のようです。

 

神奈川県立こども医療センターのママナースの働きやすさの口コミ・評判

神奈川県立こども医療センターでは24時間対応の保育所があり、時短勤務も使えます。

育児休暇は子どもが3歳になるまで使うことができます。

ただ、時短勤務でも定時で帰れるわけではないようです。

「ママナースへの風当たりが強い」という口コミがあることからも、制度としては子育て支援は手厚いですが、実際に育児と仕事を両立させるのは難しいこともあります。

 

神奈川県立こども医療センターの施設や設備の口コミ・評判

神奈川県立こども医療センターは子ども専門病院なので、カラフルできれいな院内になっています。

物品に関しては揃っています。

「節約して」と言われることもありますが、実際はそこまで厳しく節約しなければいけないということはないようです。

 

神奈川県立こども医療センターの職場の雰囲気の口コミ・評判

神奈川県立こども医療センターは子どもが好きで、仕事に熱心な看護師が多いので、前向きで活気がある職場が多いです。

ただ、仕事に熱心なあまり、看護師同士が意見の相違でぶつかり合うこともあり、ピリピリした雰囲気になることもあるようです。

また、「中堅看護師がとても少なく、若手とお局しかいない」いう口コミが多くありました。

 

神奈川県立こども医療センターに転職したい!最新の看護師求人情報を入手しよう!

この病院に転職したい看護師さんは、転職サイトを利用すると良いですよ!

転職サイトは横浜市の人気病院に逆指名で求人の有無を問い合わせてくれたり、非公開求人として人気病院の求人をこっそりと取り扱っていることがあります。

そのため、転職サイトを使うと、人気病院への転職に大きく一歩近づくんです!

面接対策や年収交渉・配属交渉もしてくれますので、利用価値はとても大きいです。

転職サイトは完全無料で使えますし、「とりあえず相談だけ」という使い方もできますので、まずは気軽に登録してみましょう。

横浜市の看護師 求人に強い転職サイト

看護師転職サイトを使うと?

  • 人気ランキングに載っている病院に現在求人が出ているか、条件を含め調べてくれる
  • 表に出てこない非公開求人も含めて探してくれる
  • ランキングには無い病院についても、好条件の病院を薦めてくれる

参考コラム<転職サイトを使うメリットと使わない時のデメリット

  • 看護roo!

    看護roo!

    横浜市を初めとした神奈川県や首都圏の看護師求人に特に強いのが、看護roo!。ただ単に良質の求人数が多いだけではなく、各求人の詳細もしっかり調べてくれているので安心です。※対応エリア:首都圏・関西・東海のみ。

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    ナース人材バンクは業界では老舗的存在で、全国各地の幅広い看護師求人を取り扱っています。横浜市内の求人も沢山ありますので、看護roo!と併用してみるのもオススメです。

このページのトップへ戻る